ヴィトン長財布エピのブランドの割引の旗艦店,prada 財布,ヴィトン長財布エピ価格のいくら,ヴィトン長財布エピ製品はどう


2015-02-27 03:11    ヴィトン長財布エピ
「表ももうすこし生きて居れば、何とかあなたのことも具体的にできたのでしょうけれど。」  と私は言いながらも、いつも表の感情が決して的確な地盤の上で組み立てられていないことを、ことにお玉さんの身の上にもかんじた。表はただ享楽すればよかった。表は未来や過去を考えるよりも、目の前の女性をたのしみたかったのだ。私は表のしていたことが、表の死後、なおその犠牲者の魂をいじめ苦しめていることを考えると、人は死によってもなおそそぎつくせない贖罪《しよくざい》のあるものだということを感じた。本人はそれでいいだろう。しかし後に残ったものの苦しみはどうなるのだろうと、私は表の生涯の短いだけ、それほど長い生涯の人の生活だけを短い間に仕尽して行ったような運命の猾《ず》るさを感じた。 「このごろ死ぬような気がしてしようがないんですの。」 「あんまりいろいろなことを考えないようにした方がいいね。」 「でもわたし、ほんとにそんな気がしますの。」  と、女のひとにありがちな、やさしい死のことを彼女も考えているらしかった。私はまたの日を約して別れた。  十一月になって、ある日、どっと寒さが日暮れ近くにしたかと思うと、急に大つぶなカッキリした寒さを含んだ霰《あられ》になって屋根の上の落葉をたたいた。その烈しい急霰《きゆうさん》の落ちようは人の話し声もきこえないほどさかんであった。私が書院の障子をあけて見ると、川の上におちるのや、庭のおち葉をたたきながら刎《は》ねかえる霰は、まるで純白の玉を飛ばしたようであった。私は毎年この季節になると、ことにこの霰を見ると幽遠な気がした。冬の一時のしらせが重重しく叫ばれるような、慌《あわただ》しく非常に寂しい気をおこさせるのであった。父は茶室にこもりはじめた。しずかな釜鳴りが襖越《ふすまご》しに私の室までつたわって来た。「お父さんはまたお茶だな。」と思いながら私は障子をしめた。梅が香の匂いがどの室で焚《た》かれているのか、ゆるく、遠くただようてきた。  私は夕方からひっそりと寺をぬけて出て、ひとりで或る神社の裏手から、廓町《くるわまち》の方へ出て行った。廓町の道路には霰がつもって、上品な絹行燈《きぬあんどん》のともしびがあちこちにならんで、べに塗の格子の家がつづいた。私はそこを小さく、人に見られないようにして行って、ある一軒の大きな家へはいった。 「先日は失礼しました。どうぞお上りなすって下さいまし。」  と、二階へ案内された。私はさきの晩、なりの高い女を招《よ》んだ。私はただ、すきなだけ女を見ておればだんだん平常の餓えがちなものを埋めるような気がした。 「金毘羅《こんぴら》さんの坊ちゃんでしたわね。いつかお目にかかったことのある方だと思っていたんですよ。」  と言って、小さい妹芸者を振りかえって笑った。私はいつも彼女を寺の境内で、そのすらりとした姿をみたときに逢って話したいと思っていて、こうしてやって来て、いつも簡単に会えるのがうれしかった。 「雨のふるのによく入らしったわね。」  と、彼女は火鉢の火を掻《か》いた。この廓のしきたりとして、どういう家にもみな香を焚いてあった。それに赤襟《あかえり》といわれている美しい人形のような舞妓がいて、姉さんと一しょに座敷へやって来るのが例になっていた。 「お酒を召しあがりになりますの。」  と、彼女はちょいと驚いた。 「すこしやれるんだから、とって下さい。」